上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学式Ⅱ

入学式の鼻血事件の前、緊張の祝辞がありました。

その祝辞の全文を掲載させていただきます。


 新入学生の皆さん、ご出席の保護者のみなさん、本日はご入学おめでとうございます。
 新入学生の皆さんは、新しい生活がスタートするということで、不安と期待の入り混じった気持ちをお持ちのことと思います。
 その不安を取り除く一番の方法は、新しい友達や先生から声をかけてもらうのを待つのではなく、自分から挨拶をしていくことです。
 また、中学校時代の友達やお世話になった先生は、人生の宝物になります。その宝物をたくさん作るためにも、自分から声をかけていってください。
 この中学校の良いところはたくさんありますが、その中で最もすばらしいことは、すべての生徒が明るく元気な挨拶ができることです。
 明るい挨拶は、自分だけではなく周りの人までも元気にします。皆さんも今日から取手東中の一員です。すべての生徒が明るく元気な挨拶ができるという取手東中のすばらしさを守っていってください。
 中学校の三年間で、皆さんはいろいろな経験をしていくことと思います。その中には、うまくいくこともあるし、『失敗したな』と、思うこともあるでしょう。
 『失敗はそれだけでは失敗ではない、同じ失敗を繰り返すことが失敗なのだ』という言葉があります。立派な大人になるためにも、成功も失敗も含めて、いろいろな経験をしていってください。
 もし、しても良いことかどうか迷ったときには、
 ・自分が楽しめることか?
 ・周りの人が喜んでくれることか?
 ・自分で責任が取れることか?
 と、いうことを考えてみてください。この三つの条件を満たすことであれば、どんどんチャレンジしていってもらいたいと思います。
 また、中学校時代の勉強は、自分のこれからの人生を決める大切なものです。勉強は自分の人生を豊かにし、自分の世界を広げる武器にもなります。『何の役に立つのだろう』と思うこともあるかも知れませんが、一所懸命した勉強は、必ず役立つ時が来ます。
 勉強は積み重ねです。わからないことがあったときにはそのままにしないで、友達や先生に教えてもらい、理解するようにしてください。
 一番格好悪いのは、『知らないことではなく、知ったふりをすること』なのです。
 最後に、皆さんの中学校生活が充実したものになることを願い、祝辞とさせていただきます。


いかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cuorepta.blog105.fc2.com/tb.php/104-5dad1ca6


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。