上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生が足りない

おかげさまで決まったようですが、最近まで中学校の理科の先生が1人決まっていない状態でした。

校長先生に聞いてみると、県内で100人以上の先生が不足している状態なのだそうです。

実は私は学生のときに教員免許を取っています。ただし、私が就職する頃は先生が過剰な時期だったので、採用試験を受けても就職できない状況でした。

私の友人で先生になったのもいますが、3年くらい講師などをして、やっと本採用されたような時代でした。

ですから、先生が足りないといわれるて、とても驚きました。


本採用ではなく、講師ならすぐに応募がありそうだと思ったのですが、県内で不足している先生の教科を調べてみると、理科や数学などの理系の教科、技術や養護教諭などの専門性の高い強化でした。

たしかに、資格を持つ方は少ないようです。さらに、7月に採用試験があるので、その試験に集中したいと、講師での応募も無かったのだそうです。


そのような状況でしたが、校長先生が八方手を尽くしてくれたおかげで、無事適任者が決まったようです。

熱心な校長先生に感謝です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cuorepta.blog105.fc2.com/tb.php/107-420bf826


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。